30代という難しい年代にぴったりの仕事、それが行政書士!

30代になると、仕事を探す上ではかなり難しい年頃になってしまいますが、行政書士はその意味では相当にアドバンテージがある資格です。今後のキャリアに迷っている30代の人たちにとって転機を運んでくれる資格のひとつに行政書士は入っているわけです。

現代は、「失われた20年」が過ぎるタイミングで慢性的な不況の時代ですが、20代のうちはそれでもまだ仕事を探すときに有利な立場だったはずです。

しかし30代に入ってしまうとめっきりと不利になりますね。

30代になる前に安定した進路を決められていればいいですが、誰でも仕事を失うことはありますし、「現状の仕事に満足できない」あるいは「他の業界に移らざるを得ない事情を抱えている」という人たちは
今ならどの年代でも増えています。そして、30代も例外ではありません。

特に仕事をひとたび離れてしまうと再就職や転職はいっそう遠のきます。
失業中の人、あるいは主婦から社会復帰したい女性にとって、現在は冬の時代でしょう。

現在は何か専門的な資格を持っていても、なかなかキャリアを築きにくい時代ですが、行政書士はどんな時代でも一定のニーズがある資格です。
その事実はだんだんと世間一般にも広まってきましたが、行政書士は何がいいのでしょうか? 

☆行政書士は、まず誰でも目指せる資格です

受験資格には年齢をはじめ何の制限もありません。

☆行政書士は仕事の領域がまだまだ広大です

これから新規参入しても無限のチャンスをつかみ取って行ける資格でもあります。
30代になっていても、行政書士ならまったく違う人生を見つけ出せる可能性があるのです。

行政書士は、独立・開業をするためにあるような資格です。
つまり、失敗をして廃業するリスクがあるという負の面もありますが、他の資格と比較しても失敗の危険性が高いわけではありません。
むしろ今のうちはまだチャンスが大量に転がっているという現実があります。

30代で行政書士になったら、それまでの人生経験・社会経験もうまく活用できるでしょう。
そして30代ならまだ先が長いですから、一級の行政書士として何十年も活躍することも造作なく目指していけます(行政書士として開業したら定年はないですから、60歳を過ぎてもやりたければ好きなだけ仕事を続けられます。30代で行政書士になったら、人生設計には無限の可能性があるでしょう)。

30代で行政書士になることを検討中の人たち、30代で仕事選びに迷っている人たちのためにこのサイトは存在しています。30代からの挑戦で、敏腕の行政書士になる人が増えることを祈りながら書いていきたいと思います。