30代が独学で勉強すると?

行政書士受験では「お金を節約したい」といった理由から独学で勉強をはじめる人たちが必ず出てきます。30代からの行政書士受験で、その独学受験を試すとどうなるでしょうか? 

結論から書くと、行政書士を独学で勉強することはおすすめできないですね。

独学の最大の弱点は、誰にも教わることができない点です。
理解できない文章が出てくると、立ち往生することになって時間を大量にロスします。
それに、何とか理解したつもりでも、実は間違った解釈をしていたというケースもよくあります。

もうひとつ、時間の問題もあります。
行政書士試験を目指す30代の受験者にとって、いちばん大事なことは時間や労力を無駄にしないことでしょう(30代といったら、世間では働き盛りと考えられる年齢です)。独学で行政書士を勉強すると、先へ進むのが遅くなります(泥沼にはまると、受験勉強に何年もとられることがザラにあります)

それでも、独学という勉強法を選んでしまう30代の受験者が毎年行政書士試験では続出しているようです。
独学は「手軽で簡単にできそうなイメージ」、特に「お金がかからない、コンパクトなイメージ」を持たれるケースもあるようですが、現実はかなりシビアです。
また、独学を選ばず行政書士を勉強するとなると、「通学講座を使うことになる」→「通学に時間をたくさんとられる」、というイメージもあるようで、独学のほうがやりやすそうに感じる人が毎年出てくるのでしょう。

ただし、独学で受験に成功する確率がどれくらいなのかを正確に把握してからやりはじめてほしいものです。
よく行政書士の試験に何回も落ちている人たちがいますが、その人たちの中には独学者はもちろんのこと、通学者もかなり混じっています。
通学もピンキリですが、通学しても落ちる確率が低いわけではないのですから、独学での行政書士合格なんていったら、気の遠くなるようなハードさがあるものと思ってください。

30代といえば、社会の中核をなすことを求められる世代ですね。
やることがたくさんあって当たり前です。その上で、独学で合格するのは本当に困難です。たとえば、

・子供や夫が昼間家にいなくて、日中やることが少ない主婦等がゆっくり目指す
・仕事をしていないが「預貯金が多い」「収入の道がほかに確保されている」等の事情があって、焦らずに試験勉強ができる

といったまれなケースだったら、1年以上かかることも前提にした上で独学を選ぶのもかまわないでしょう。
そうでもないなら、独学を選ぶことはとてもおすすめできませんね。