30代合格者が使っていた通信講座

30代の行政書士受験者にとって、通信講座はすごく大事で、合格に自分を近づけてくれます。

人によってどんな通信講座を気に入るかは違いますが、30代の行政書士合格者が評価した通信講座忙しい中で難しい受験勉強を見事最短時間で成功に導いてくれた通信講座について質問して、その回答を集めると、以下のような結果になることがこのたびわかりました。

No.1 フォーサイト

行政書士の代表的な通信講座名;
基礎講座(CD/DVDの二択で3~4万円。両方選んでも5万円を軽く超える程度です)
過去問講座(CD/DVDの二択で3~4万円。両方選んでも5万円を軽く超える程度です)

フォーサイトは、まず教科書がフルカラー形式なことで有名です。
これは小さなことに見えて、とても大きなことですね。
各ページを読んでいてストレスを感じません。
何よりも、要点が一瞬で認識できる点が学習成果を高めます。

講義をヒアリングできるCDもおすすめですが、DVDも、教科書同様にビジュアルの点でハイレベルです。クローズアップやカメラの移動を多用した編集が行われていて、講師と一対一で向き合っている感覚で利用できます。
何ヶ月もの間、飽きずに勉強できる点が強みですね。

No.2 ゼミネット

行政書士の代表的な通信講座名;
集中6ヶ月(約4万円。分割払いも可能)
集中12ヶ月(約5万円。分割払いも可能)

行政書士も含めて、全部の通信講座で、インターネットの映像配信を教材に採用して評判を高めてきた会社です。
最新式の映像技術を駆使しているほか、デジタル画面で図を表示してくれるなど(通信環境がよければ)見やすさとわかりやすさは格別です。

あえて残念な点を探すなら、オリジナルのテキストが発行されてないことでときたま不満に思う声があがることでしょうか(市販の教材を指定してきます。また、オリジナルのレジュメデータは配布してくれますね)。

No.3 エル・エー

行政書士の代表的な通信講座名;
スピード合格コース(約10万円。分割払いも可能)

総時間110時間、学習期間3ヶ月~11ヶ月と、忙しい30代の受験者の都合に合わせたコース設定をしてくれる講座となっている点が売り物です。
合格者にインタビューする都、勉強計画に無駄が出なくてよかったという声も比較的多くて忙しい受験者からの評価は悪くありません。

市販の教科書や問題集を採用してくるためオリジナルの教科書がほしい人には不向きなことと、(明るい環境で撮影されていて見づらくはないものの)DVDにあまり細かな編集がされていなくて単調なことが評価の分かれる点でしょうか。

※通信講座の人気が、口コミ等で高まったせいでしょうか、最近は行政書士だけに絞っても通信講座は花盛りの時代になっています。
いい加減なチョイスをして後悔することがないようにしましょう。
今回紹介したような30代合格者の声は本当に貴重です