30代行政書士の告白~合格するまで~

30代から行政書士になることは、夢物語などではありません。確かに努力しないといけませんが、努力をすれば、そしてその努力の方法が正しければ、普通の30代の人でも行政書士になれるものなのです。ここで実体験を某合格者の方に語っていただきました。

「僕は最近、地元の行政書士会に登録を完了させてあちこちにあいさつにうかがったりしているところです。前回の試験に合格できたときの喜びはまだ鮮やかに残っていて、今でもよく思い出しますね。
 僕はただのメーカーの営業部員でした。ブラックというほどじゃなかったですけど、このまま社内にいても昇進も昇給もほぼ絶望かなと思って、30代でも目指せると聞いた行政書士に興味を持ったんです。でも仕事はすぐには辞められないし、どうやって勉強しようかと迷いました。最初は実は、ちょっと有名なスクールに入ったんですけど……仕事終わってから通うのがこんなにしんどいもんだとわかってなかったんですね。ひと月くらいで後悔しました。結局すぐ通い切れなくなってしまいました。30代の会社員にはスクールに通う体力なんてわいてこないですね。
 でも独学をするのは無理だってそのころにはわかってました、勉強をはじめてましたから、独学でカバーできる難しさじゃないって。じゃあどうするんだよって途方にくれたんですけど、そのころに、通信講座だけの会社だったら、だいぶ安くて、続けやすいのがあるって教えてもらったんです。
 最初は疑っちゃいましたけど、確かに安いのがあったしカードで払えば分割できるんですよね。それにサンプルのテキスト見たらたしかに読みやすかったんです。もう頼れる方法がほかに見当たらないしと思って申し込んでみました。その時に決断したのは正解でしたよ。その通信って、30代の僕みたいなリーマンでも続けられるようにできてるんです。それに、30代でもう固くなってきた頭の僕でもついていける内容なんです。テキストはカラフルで、目が疲れないし大事なところが一瞬で読み取れるし、DVDも画面がよく動くんで疲れてるときでもボーっとしてこないんです。先生の後ろに大きく電子黒板が出るのもよかったですかね。
 通信だと家で勉強しますけど、でも本当は家だけじゃ足りないんですね。空いた時間をよく使うようにっていわれたんで、テキストを持って行って昼休みや電車の中でもなるべく勉強しました。スマホやiPadでもDVDを見られるのも助かったかな。家で机に向かう時間以外にも、相当勉強できたと思います。だからきっと受かったんだと思いますね! 
 僕と同じような30代の人で、迷ってる人は多いと思います。仕事を変えるチャンスってもう少ないですよね。でも行政書士は仕事しながらでもギリギリ合格できる難易度です。仕事の合間合間に勉強させてくれる通信を使えば、やってやれないことはないはずですよ」