行政書士は30代会社員にも向いています!

30代は、転職を考えるなら最後の機会かもしれませんが、そんなときに行政書士は大きな転機をもたらしてくれる資格となります。まったく経験がない業界に飛び込むのは30代に入ると至難の業ですが、行政書士なら話は別で、経験なしでもうまく転職できるチャンスがあるのです。

会社の法務部や総務部等にいたのでもない限り、行政書士の仕事に関して見当がつくことはまずないでしょう。
しかし、そんなまったくの素人の段階からでも行政書士にはなれますし、なる価値もあります。

転職希望中の30代にとって行政書士がどうプラスに働くのか、ここでざっと書いてみましょう。

☆誰でも試験を受けられて、(難しくても)素人に受かるチャンスあり

行政書士は、まず受験資格がありません。
難しい試験だとはいっても素人にも1回や2回で合格できるチャンスがあります(毎年、本当に1回きりの受験で受かる素人がいます)。
行政書士よりも難関の資格となると、何年も専門の学校に通わないと受かる望みは持てませんが、行政書士は30代の転職活動者にとって時間をかけすぎずに受かることが可能なぎりぎりの資格といえます。

☆30代からでも開業成功のチャンスがたくさんあり

キャリアや収入に関して、30代からのチャレンジでもじゅうぶんに成功できる可能性があります。行政書士は、担当することができる仕事(特に書類作成)の種類が豊富で、差別化をはかりながら生きていくことができます。

また、最初のうちは設備投資等を節約しながらはじめていくこともできます(登録にはまとまった金額がいりますし、ベテランの中にはかなりの設備投資をしている人もいますが)。
そして、10万円単位や20万円単位の報酬をとれる仕事も多くて、うまく収入を積み上げていけるチャンスがあります。
他の職業ではなかなかこういったチャンスが潜んでいるケースは少ないでしょう。

※ここに取り上げたのはほんの一部のメリットですが、30代で転職を検討している、あるいはもう転職活動中の人にとって行政書士は本格的に目指す価値がある資格です。
 
サラリーマンやOLのような会社員から、行政書士に転職しようとする30代は現実に毎年たくさん出てきています。
もっともそれは、現在のように、雇用問題が絶えず頻繁に語られている時代にあっては驚くことではないのでしょうね。
会社が急に傾いて、30代であってもリストラ等の対象になることはありえるでしょうし、そこまでいかなくても、不況のために給与や待遇を一気に下げられてしまうことは日常茶飯事です。

そんな目に遭ったら転職の道を探りたくなるのが普通ですが、そんなときに行政書士は要考慮です。
一生続けていける仕事を探している30代にとって、行政書士への(真摯な態度での)転職はこの上ない飛躍の契機となるでしょう。