年収はどうよくなるか?

30代という難しい年代にぴったりの仕事、それが行政書士!

30代から行政書士になろうと思うのだったら、「収入がどうなるのか」「年収がいくらになるのか」なんてことがひたすら気になって仕方ないでしょう。
幸い、行政書士には30代という遅咲きデビューでも高い年収を稼ぐ機会が多数あります

30代ともなれば、社会的には成熟している世代とみなされます。
家庭を持っていることだって当たり前です。
そんな30代の人たちが行政書士に転職するのなら、年収の額が家族を養えるくらい、社会的に一人前とみなされるくらいに達してくれないと困りものですね。

そんな30代の転職希望中の人たちですが、行政書士の年収に関する「適当な噂」を聞いてあきらめてしまうことがあるようです(「行政書士の平均年収は300万円だ」とか、そんな噂があることは事実です)。

ただし、その中には「行政書士としてまともに活動していない人が入っている可能性が非常に高い」事実に気がついてほしいものです。
もちろん、行政書士事務所を切り回すことに失敗した人もいますが、行政書士として登録したもののさまざまな事情からほとんどその仕事をしていない人たちも入っています。

開業をするタイプの資格である以上、失敗や廃業をする人がいることは否めませんが、他の資格に比べて開業が失敗しやすいわけではありません。
どちらかというと、行政書士はすみわけができる資格で判断を極端に誤らなければ失敗は回避できます。
30代から行政書士に転職して結局、前職より高くて安定した収入をつかんでいる人たちはたくさんいます

行政書士のような開業するタイプの資格では、年収の個人差が拡大する傾向がありますが、ほどほどの成功をおさめた例であれば、開業から1~2年以内に300~400万円を突破し、さらに数年かけて500~600万円を突破することが多いようです。

といって、働きすぎだというわけでもありません。
最近の会社員には、乏しい賃金で劣悪な環境で働かされている、いわゆる「ブラック企業問題」がありますが、行政書士は勤務体系をかなり自由に決められます。
自由度の利く就労環境で、会社員のときと同じかそれを超える年収を手中にできるならじゅうぶん成功と呼ぶこともできるでしょう。

そして、行政書士の世界では年収1000万円台を30代のうちから稼ぎ出す例もあります。
会社勤めでは、30代のうちからその額を稼ぐことはかなり難しいでしょう、もちろん行政書士だって簡単ではありませんが、年齢に関係なく高い年収を稼ぐチャンスがあるのが行政書士のいいところでもあります。