求人の探し方のアドバイス!

30代で行政書士になることを検討する人は、おそらくは今の社会でいかに求人が少ないかを痛感しているでしょう。試験勉強をはじめる前に、「行政書士になれたとして、仕事はどう探すのか」「求人がどれくらいあるのか」等を、気にする向きも少なくないようです。

現実の行政書士の求人事情を説明しましょう。
行政書士に受かってから、求人を探そうかとなんとなく思ったとします。
しかし、求人情報誌等をめくっても、インターネット上で検索しても、行政書士の求人を出す企業等はなかなか見つかりません。
行政書士は元来、企業で活動することを期待された資格ではなく、開業して自分の事務所を開くことを意図されている資格だからです。

といっても、いきなり開業する勇気がなくてどこかにしばらく勤めたい人もいるでしょうし、やはり、安定した身分がほしくて定年まで雇用してくれる勤務先をほしい人もいるでしょう。
どうしても企業に入りたいなら、企業の法務部等をあたっていくほうがいいでしょうか。
その場合は、転職紹介業者等に相談して求人を探してもらうことがおすすめです。
ただしこの場合は通常の社員になるので、行政書士らしい活動は期待できないでしょう。

行政書士法人等で行政書士として雇われたい、修業したいと思う人もいますが、その手の求人もそんなには出てきません。どこの事務所も書士を何人も使う必要はないからです。
つまり、求人が出るのを待っていても先へ進めません

行政書士法人や既存の事務所から求人が出ていなくても、それらの事務所に自分から声をかけてみることもやる価値はあります(効率がいいとはいえませんが)。
近隣の開業者を電話帳でも使ってリスト化して、自分が「試験に受かっていて登録もしている」ことを伝えて回ったという経験を持つ現職者も確かにいます。
ここでアドバイスをしますと、自分が仕事したい地域で、どんな行政書士の勤務先(行政書士法人や事務所ほか、総合的な法律事務所、大手企業の法務部etc.)があるのかをピックアップして、求人が出そうな可能性があるところを絞っていく作業をしたほうがいいと思います。求人は実際には少ないでしょうが、自分を売り込むことはするべきでしょうし、ただ受け身でいることは避けるべきです。

再度アドバイスをしますと、求人を出すほどの仕事はなくても、他の行政書士に仕事を手伝ってほしいと思うことは、ベテランの行政書士だったらけっこうあるものです。
「手伝いや下請けがほしいと思ったときに、いつでも声をかけてください」といったアピールをしていくのは効率がいいPR方法だといえます。
それだったら、仕事が立て込んできたときに一時的に雇ってもらえる可能性はだいぶ高くなります。

※もともと、先輩行政書士といい関係をつくることは欠かせません。
行政書士会等とのパイプを強固にしておくことも大事ですが、仕事をときどき回してもらったり助手のように使ってもらったりするほか、わからないことがあったときに助言をしてくれる人を確保することは大事です。